ドイツ旅行記 6月5日 vol.2 ライプツィヒ

博物館に向かい途中でオーディオショップらしき建物がありました。ちらっと見ただけではオーディオショップとは分からないですね。お店はお休みのようなのでウィンドウから中を覗いてみるとROTELのアンプが置いてありました。なかなかいい感じの機械が置いてありますね~ 開いてたらじっくりと見たいところでした。

博物館に行く途中で見かけたのがこちら。知ってる人は知ってるワンパンマンのぬいぐるみです。ドイツで見ることになるとは思いませんでした。

ワンパンマンのぬいぐるみだけじゃなくて、こういう本も並んでいました。ドイツ語で書いてあるから分かりにくいですが、本の表紙から「オタクに恋は難しい」だと思われます(笑)
コミックは読んだことがありませんが、アニメで見たことがあります。テレビドラマ化されましたよね。

そんなグッズが並んでいるのはこちらお店 City Comics です。こういうお店には大学生が来るのかな~?
これは実際に調べてみないとですね。
中に入ってみました。学生が多いかと思ったけれどお客様は2,3人でした。中には日本の漫画の本がたくさん並んでいましたよ。ほとんどがドイツ語に翻訳されていて読めませんでしたが、絵があるのでなんの本かはわかります。
せっかくなので数冊買って帰ることに。
レジで前に並んでいた女性の本をちらっとみたら「魔法使いの嫁」でした。いや、タイトルは読めないんですが表紙でわかりました(笑)

本を手に博物館に向かいます。

広場の向こうにあるのが博物館です。

グラッシィ博物館はグラッシィ工芸美術館とライプツィヒ大学楽器博物館が併設されています。今回は楽器博物館を訪れることにしました。両方巡ってもいいんですが、時間がかかりそうだったので。
博物館では音声ガイドを貸し出してくれるんですが、ドイツ語と英語にしか対応してないので困りましたが。とりあえず英語のガイドを借りて巡ることにしました。ガイドを付けて巡りましたがやっぱり何言ってるのか分からない。もっと英語を勉強しておけばよかった。。。

館内には歴史的に貴重な楽器がたくさん展示されていました。写真は自由に撮っていいのでたくさん撮りましたが、ここに載せるはたいへんなので少しだけ載せますね。
これは現代のピアノの原型になったもの。この時代ではフォルテピアノと呼ばれていたようです。

製作者の名前が記されていますね。wikipediaで調べてみると、クリストフォリが制作したピアノで現存するのは世界で3台だけだそうです。ニューヨークのメトロポリタン美術館、ローマのイタリア国立楽器博物館、そしてここライプツィヒ大学楽器博物館です。とても貴重なものです。銘文はラテン語が書かれているそうです。
3台は制作された年代が違い、これは1976年製で、3台中いちばん新しいものです。新しいと言っても6年しか違いませんが。

クリストフォリのピアノも珍しいですが、こちらの弦楽器もすごいですね。現代でもヴィオラ・ダ・ガンバは制作されていると思いますが、こちらはオリジナルですね。この時代の楽器は形式にとらわれず製作者が好きに作っているので形が微妙に違います。
ヤギヤでもヴィオラ・ダ・ガンバの演奏は聴いたことがありますが、柔らかな音色のする楽器でした。音量が小さいのは古楽器にはよくあることで、室内で演奏されるのなら十分な音量です。
博物館の中には展示してある楽器を使っての演奏が聴ける端末もありますので、ぜひ聴いてみてください。

渦巻の装飾も現代とはまったく違いますね。何をモチーフに作ったのか。。。(笑)

この楽器はグラスハーモニカ、のようです。現代のグラスハーモニカは円盤はガラス製ですが、写真の楽器の円盤は陶器にみえます。色を着けたガラスなんでしょうか?
この円盤をグルグル回して、右にある海綿(崩れたケーキみたいなやつ)で濡らした指で音を出します。実際に聴いたことはありませんが YouTube には演奏動画があるようなので聴くこともできます。

この楽器は Orthotonophonium
音も演奏方法も分からない謎の楽器です(笑) Wikipediaにはドイツ語で掲載されています。そこで使われている写真はここの博物館のこの楽器の写真が使われています。とてもめずらしい楽器のようですね。

2時間以上も楽器博物館にいたのでもうぐったり。。
次はどうしようかと中央駅に向かって歩き出しました。

立派な車が停まってるな~と思ったら、5つ星ホテルでした。今回の旅行では4つ星ホテルが最高でしたが、それで十分だったので5つ星ホテルに泊まることはこれからも無いでしょうね~
ロビーだけでも見ておけばよかったかな。

ホテルのすぐ近くにある教会。Evangelisch-Reformierte Kirche
これまでの教会とは椅子の並べ方が違い、まるでコンサートホールのようです。音楽会もときどき開催されているようですね。

お昼ごはんを食べずに歩き続けたのでお昼ごはんが3時になってしまいました。お昼というよりもおやつタイムですが。
お店を探して歩いていたら聖トーマス教会まで来てしまったので、教会の近くの地ビールレストランにしました。

Brauhaus an der Thomaskirche というお店には Pizzeriaという看板も出てたので気軽そうなお店だったので。
地ビールレストランだけあって、メニューにはThomaskirchビールが。それも樽生ビール。
これは飲むしかないですね(笑) ピルスとシュヴァルツを注文。そしてピザを一枚頼みました。一人一枚といきたいところですが、ビールを飲むと食べきれない事があるのでちょっとだけ注文しました。
支払いはクレジットカード。ドイツに来て現金を使うことはほとんどありません。チップか公衆トイレくらいかな~

(ビールで)お腹がいっぱいになったところで、次は郊外へ路面電車で向かうことにしました。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です